鳩対策を怠ると、清掃で苦しむことになります

鳩は早めに対策を練らないとどんどんと被害が広まります 鳩は早めに対策を練らないとどんどんと被害が広まります

早急に鳩対策をしないと被害が拡大

ベランダに鳩が住み着かないために、鳩の習性について知り適切な対策を行なわなければいけません。そのまま放置していると、様々な問題が出てきます。鳩がベランダに集まり休憩場所として利用されると、次のような被害が発生します。

鳩によって起こる被害

鳩のせいで洗濯物が干せなくなってしまった (30代/女性)

鳩がたくさん家に飛んで来るようになり、少し大変なことになりました。最初のうちは特に気に求めていなかったのですが、だんだんと抜け羽が目立つようになり、糞もしていくようになりました。糞や羽の清掃をしなければならない上に、洗濯物にくっつく可能性もあるので洗濯物が干せなくなってしまいました。最初は棒で追っ払っていたのですがすぐに戻ってくるので、結局業者さんになんとかしてもらいました。

毎日うるさくて落ち着かない (50代/女性)

家の庭に鳩がよく来るようになりました。それはまだいいとして、鳴き声が非常にうるさいです。最初のうちはそこまで気に求めなかったのですが、数が増えるごとにうるさくなっていき、朝に起こされるのがつらいです。しかも糞を落としていくので、悪臭がひどくなりました。最悪です。

ベランダで巣が作られていた (40代/女性)

ベランダでいつの間にか巣を作っていました。最初は「まあいいか」と思って放置したのですが、これが誤りでした。糞が毎日山のようにできるので虫が湧いてくる上にベランダがすごい勢いで汚れていきました。ネットで調べると卵を産んでいた場合、は撤去できないと知り、こんなことならさっさと巣を壊しておくべきだったと激しく後悔しています。

鳩対策なら駆除業者に相談

笑顔の男性

鳩が家に頻繁に出没するようになったら、業者に依頼して鳩対策の相談をしましょう。業者に依頼することで問題解決が素早く行なえる他、二次被害対策や清掃の手間が大幅に省けます。また、被害の再発に対する予防方法も知ることができます。そのため、結果的に見れば自分だけで鳩対策を行なうよりもコストも時間も大幅に短縮できます。なお、自分で鳩駆除を行なう場合、鳩は鳥獣法によって保護されているので殺傷した場合法律違反になりますので気をつけましょう。

鳩の被害で大変なのは清掃?

鳩の被害で最も困るのが、糞害です。糞害が発生した場合、早めに清掃を行なわないと様々な二次被害が発生します。ここではそんな糞害について紹介していきます。

ベランダの清掃をしないといけない理由

鳩の糞を清掃しないとどのような問題がありますか?
鳩が住み着きやすくなります。鳩の糞は、いわゆるマーキングとしての役割も兼ねているからです。鳩は糞を目印にして行動し、気に入った場所に入り浸るようになります。そして気に入った場所では糞を大量にするようになり、もっと悪化すれば一羽だけではなく、大量の鳩が住み着く可能性もあります。そうなると、被害は倍以上になってしまいます。
鳩が集まる以外の問題はありますか?
鳩が集まる以上に厄介なのが、糞害です。糞には大量の細菌が住み着いています。糞を放置することで乾燥してしまうと、人の体内に入る可能性があります。そうなると様々な病気やアレルギーが発生してしまいます。それだけではありません。糞に引き寄せられて害虫も発生しやすくなり、ハエやゴキブリ、ダニ・ノミが家に住み着くこともあります。

TOPボタン