鳩対策で最善なのは、早めの清掃です

鳩は早めに対策を練らないとどんどんと被害が広まります 鳩は早めに対策を練らないとどんどんと被害が広まります

自分でできる鳩対策は早めの清掃

女性

鳩対策で最善なのが、糞の早期発見早期清掃です。しかし、鳩の糞はこびりつき具合などで掃除の方法が変わり、場合によっては特別な道具も必要になります。ここでは、そんな鳩の糞を自分で掃除する場合の効果的な方法を紹介していきます。

鳩の糞を清掃する方法

鳩が糞をして間もない状態
鳩が目の前で糞をした場合、即座に対応すれば面倒がなく処分できます。この時、用意する道具として、キッチンペーパーとエタノールを準備しましょう。また使い捨てマスクと手袋、そしてビニールも用意しましょう。手袋とマスクは細菌感染を防ぐための装備であり、小さなビニール袋は拭き取ったキッチンペーパーを入れるために使います。キッチンペーパーはそのままゴミ袋に捨てると虫が湧きやすくなるのでビニール袋などに入れてから捨てる必要があるのです。掃除の仕方ですが、キッチンペーパーで拭き取り、その上にエタノールをかけて消毒すればそれで大丈夫です。
鳩の糞が乾いている状態
しばらく時間が経過し、乾燥して固まっている場合はもう少し念入りな装備をすることになります。そしてマスクは必須の装備です。まず、糞をお湯で濡らし、湿らせてからキッチンペーパーで拭き取ります。次に、塩素系漂白剤をかけ、消毒した後にキッチンペーパーで拭き取ります。今度は水拭きをすればそれで清掃完了です。使用したキッチンペーパーは例によってビニール袋に入れましょう。ありがちなミスとして、硬い物でガリガリ削るという方法がありますが、これは糞が乾燥して飛散する上に床や壁が傷つくので推奨できません。

まとめ 以上の方法で、清掃するのがベストな清掃方法です。しかし、あまりにも量が多い場合、掃除の手間は非常にかかり、最悪の場合1日仕事になります。状態がひどい場合は素直に業者に依頼したほうが良いかもしれません。

TOPボタン