清掃をしなくても済むように、完璧な鳩対策をしましょう

鳩は早めに対策を練らないとどんどんと被害が広まります 鳩は早めに対策を練らないとどんどんと被害が広まります

清掃だけでなく鳩について知って鳩対策を

鳩の糞や羽の清掃を続けていても、被害は収まりません。まずは正しい対策を知り、鳩が家に住み着かないようにしましょう。鳩の生態を理解すれば、自ずと鳩対策に繋がります。

知っておきたい鳩についての情報

鳩が街で生息する理由
鳩は、基本的に野山や森林で生活しています。しかし、森林の数が減るにつれ、一部の鳩は人里に降りて生活をするようになりました。そこで人から餌をもらったり、ゴミを漁るようになったり、次第に鳩は人間社会に適応するようになりました。これが、鳩が街で生息する理由です。主に街で生活している鳩はドバト(あるいはカワラバト)と呼ばれている種であり、ねずみ色の羽が特徴です。
鳩がベランダで糞をする理由
前述したように、鳩はマーキングも兼ねて気に入った場所に糞をします。ここでは、もう少し具体的な理由を紹介しましょう。鳩独特の習性として、同じ動線で生活をするという特徴があります。鳩の1日の行動パターンは決まっており、その行動の基盤となるところに糞をするのです。そして、鳩は場所への執着心が強いので、一度気に入った場所はとことん諦めずに飛来します。そのため、清掃が遅れた場合、糞の掃除をしてもしつこく住み着こうとしてきます。よって、鳩の糞をベランダで発見したら速やかに清掃し、対策を練りましょう。
ベランダに巣を作る理由
主な理由は、ベランダは安全な場所だからです。雨風を凌ぐこともできますし、天敵も近寄りにくいです。また、エサも運びやすいだけではなく雨樋や室外機の排水ドレンがあれば水にも事欠きません。それに加えて巣を作れる場所がたくさんあるベランダは理想の住まいなのです。そのため、ベランダは鳩に気に入られやすい場所であり、油断すると多くの鳩がベランダを狙うようになるのです。
TOPボタン